さくらレンタルサーバのSubversionからGitリポジトリを作成

経緯

さくらのVPSを利用し始めたのを機に、これまでさくらレンタルサーバで使用していた資源をお引越し。以前はSubversionを使用していたけれど、Gitに変更したくなったのでgit-svnを利用してローカルにGitリポジトリとして作成した。

ハマり1

Macからgit svn cloneコマンドを発行したところ、下記のエラーメッセージが表示された

bash: svnserve: command not found

ネットで情報を探していると、下記のような情報が見つかった。

svnserve: command not found への対処@さくらインターネット – Alone Like a Rhinoceros Horn

これを参考に、シンボリックリンクを作成したら無事エラーは出なくなった。
ln -s $HOME/local/bin $HOME/bin

ハマり2

git svn clone -s svn+ssh://[username]@[dommain]/path/to/repo
usernameとdomain(hogehoge.sakura.ne.jp)、path/to/repoは環境に合わせて変更してね。

これでgitレポジトリの作成はスタートしたんだけれど、ブランチが絡むあたりでパスワードを再要求される&「Killed by signal 15」というメッセージが表示される。先にKilledを解決しようと検索して見つけたのがこちらの記事。

SubversionでKilled by signal 15 – shtaxxx weblog

コメント欄を参考にして、Mac(クライアント)の.bashrcに「export SVN_SSH=’ssh -q’」を記述して解決。

パスワードの再要求は…50回ぐらいだったので都度入力で対応(汗)大きくないリポジトリだったからそれで良かったけど、規模が大きい場合は根本解決しないとやってられなさそう。とりあえずはこれでOK。